沖縄離島ドットコム

[阿嘉島]ニシバマテラス/ニシハマビーチテラス


沖縄離島ドットコム〜沖縄の観光スポット/飲食店情報


全ての地図を2020年版に更新!PDFもBOOKも2020年版に!!詳細は離島ブログ離島BOOKで!?

最終更新:2019年


<スポンサードリンク>

観光/店舗レポート▽観光/店舗マップ▽観光/店舗クチコミ▽


阿嘉島のニシバマテラス/ニシハマビーチテラス

ニシ浜入口にあったデッキテラスがレストハウスになってリニューアル。2018年7月24日完成。1階はビーチでのんびり休める階段状のベンチ席があり、2階はまるでカフェのようなカウンターやテーブルがあるテラス席になっており、3階というか屋上部分は以前同様に展望テラスになっています。水着のままでも自由に使えますし、持ち込みで飲食も可能です。WiFiもあるようです。ただ自販機などはありませんし、ゴミ箱もありませんので、ゴミは必ず宿や那覇まで持ち帰りましょう。また公共施設なので荷物を置いて場所取りしたり、長時間の利用は絶対に止めましょう。

【旅行ガイド】管理人のLINEトラベルjp記事
【詳細レポート】離島ドットコムの旅行ブログ


阿嘉島のニシバマテラス/ニシハマビーチテラス - ビーチ入口からの景観的にはイマイチ
ビーチ入口からの景観的にはイマイチ
阿嘉島のニシバマテラス/ニシハマビーチテラス - デッキテラスは高さが1段上がりました
デッキテラスは高さが1段上がりました
阿嘉島のニシバマテラス/ニシハマビーチテラス - 以前のデッキテラス部分はまるでカフェのような空間
以前のデッキテラス部分はまるでカフェのような空間
阿嘉島のニシバマテラス/ニシハマビーチテラス - カフェより贅沢な空間はもちろん無料
カフェより贅沢な空間はもちろん無料
阿嘉島のニシバマテラス/ニシハマビーチテラス - ビーチ部分はフリーで使えるベンチ的スペース
ビーチ部分はフリーで使えるベンチ的スペース
阿嘉島のニシバマテラス/ニシハマビーチテラス - お立ち台のような場所は監視員詰め所
お立ち台のような場所は監視員詰め所

▼ニシバマテラス/ニシハマビーチテラスの詳細レポート

ニシバマテラス誕生!これはマジで最高!

2018年7月24日。阿嘉島・ニシ浜に新名所が誕生。既に1年経過しているのでいまさらですが、レポートいたします。その名も・・・
「ニシバマテラス」
今までもニシ浜にはテラスがありましたが、ご存じの方も多いと思いますが、老朽化が激しく非常に危険な状態でした。特に手すりは、寄りかかりでもしたら「ボキッ」と折れそうな雰囲気。座間味島の古座間味ビーチにも同じようなものがありますが、あちらはまだ大丈夫っぽいものの、ニシ浜のものはかなりヤバかったです。そしてリニューアルし、「ニシバマテラス」なる名前まで付けられた次第です。でも現物を見るとその命名に納得!

まさにニシ浜を一望できるテラスがニシバマテラス

今まではテラスがあるだけでしたが、新しいものは建物的なものにリニューアル。

以前からあったテラスを建物にした感じ

テラスは1層かさ上げされて、その下を建物にした感じです。なのでもともと高台にあったビーチ入口からは段差なく屋上テラスへ行けるようになりました。

施設は3層構成(以前は2層構成)

ニシバマテラスは3層構成。1層目は今まで通りテラス下の日よけスペースになっていて、3層目は1層かさ上げされたものの、こちらも今まで通りのデッキテラス。そしてその間の2層目が注目です。

ニシ浜入口にあったテラスをリニューアルした感じ

まずは3層目の屋上テラス。今までもありましたが、1層かさ上げされたので、階段を降りることなく行くことができるようになりました。

テラスへというより海に誘うウッドデッキ

ニシバマテラスまで至るウッドデッキのブリッジは、まさに青い海に誘う雰囲気。そのままデッキを飛び越え、青い海まで飛び込みたくなります。

東側の景色は今までと変わらず東側の景色は今までと変わらず

デッキテラス自体は、いい意味で以前と変わらない雰囲気。まずは安室島側の南向き。以前と変わらない景色ですね。安室島もよく見えます。

西側の景色も今までと変わらず西側の景色も今までと変わらず

そして嘉比島側の北向き。ビーチパラ\ソ\ルが設けられる側です。一般的な遊泳する側の景色も変わらず、日曜日でも混雑なしで良い感じ。

手すりの真ん中が欠きこんであって景色を邪魔しないこの景色は以前のデッキと変わりません

そして注目は正面からの景色。こちらも以前と変わりませんが、にくい配慮を発見。それは手すりの形状。手すりの中央部分のみ、記念写真で邪魔にならないように、細くて存在感がないものになっているんです。自称リア充SNSの方は、ここで自撮り必至でしょうねw

まさにニシ浜を一望できるテラス

そして注目の2層目。まさにテラスっていうか、完璧にカフェのレベル。贅沢すぎます。

カウンター席とテーブル席まである

海側にカウンター席があり、陸側にテーブル席まであって、完全にカフェ。もちろん公園的な施設なので利用は自由。持ち込みで飲食も可能です。ただゴミ箱や水道はないので、絶対に汚さないようにしましょう!

カウンター席7つは早い者勝ち!でも独占は禁止!!絶景カフェでもここまで良いものはなかなかない

カウンター席はヤバすぎるぐらいの居心地の良さ。絶景カフェなんて目じゃないほどの景色。ついつい長居しちゃうそうですが、公共の場所なので荷物を置きっぱなしにするなど、占有は絶対にやめましょう。ちなみに電源はありませんが、WiFiは受信可能です。

真っ直ぐな階段はなくなりました

しかし残念だった部分も。あのビーチへ降りる真っ直ぐな階段はなくなり、途中でくねくね曲がったものになってしまいました。あのまっすぐな階段、好きだったんだけどな・・・

ニシ浜に謎のお立ち台?

そのニシバマテラスの階段脇には変わったものも!?ビーチを一望できる「お立ち台」?まさかここで踊る??
お立ち台の下は監視員詰め所でしたw
正解はビーチ監視員の詰所の屋根でした(笑)。上に登れるようにはなっていません。強度的にも人が乗ってもいい設計にはなっていないと思いますので、こちらも絶対に上に乗らないようにしましょう(そもそも乗るのは至難の業の造り)。

1階は今まで通り休憩所として利用可能

最後にビーチから直接行ける1層目。これは以前と全く同じで、段々になっていて使い勝手も変わりません。強いて言えば以前は名目上「利用禁止」でしたが、今回は積極的に利用していいって感じでした。日影がないニシ浜には貴重な日よけですからね。でもこちらもみんなの場所なので、長時間の占有は止めましょう。昼寝するならパラ\ソ\ルを借りてください。

ニシバマテラス まとめ

座間味島には申し訳ないですが、阿嘉島のニシバマテラス。最高です。古座間味のものもいつかこうなるのかな〜?でも阿嘉島のものは近くにお店とかもないので、こういうものを造りやすかったのでしょうが、座間味島はお店が近くあるので確実に営利的に使われますからね。

まさに阿嘉島ならではの新名所「ニシバマテラス」。特にあのカウンターは一度体験したら、もう普通の絶景カフェが物足りなくなりますね。でも公共の場所なので、絶対に長時間占有はしないようにしましょう!物を置きっぱなしなんて厳禁中の厳禁です!ニシバマテラスは「みんなの場所」です!!!




▼ニシバマテラス/ニシハマビーチテラスの場所/地図

(周辺の宿・ホテル/お店・観光スポット/グルメ情報も表示可能)


<スポンサードリンク>

▼ニシバマテラス/ニシハマビーチテラスのクチコミ情報(0件)

  • クチコミ情報はありません


ここに掲載されている情報は、実際とは変わっている場合もありますので予めご了承下さい。


<スポンサードリンク>



TOP地図/マップ近隣観光情報近隣宿情報クチコミ

阿嘉島の情報慶留間島の情報外地島の情報沖縄本島離島の情報沖縄離島ドットコム


Copyright(C)2001-2022 RITOU.COM All rights reserved.

ページの先頭へ△