<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>

コンドイビーチは石垣市街から最も気軽に行ける天然ビーチ

石垣島から気軽に日帰り観光できる「竹富島」。古く良き町並みが人気ですが、竹富島のビーチなら「コンドイビーチ」が一番人気。なにせ石垣市街からでも、最も気軽に行くことができる天然ビーチが「コンドイビーチ」。石垣島のビーチよりも楽々アクセスできます。

なにせ竹富島へは石垣島から船でたったの10分。さらに本数も30分に1本出ており、石垣島でレンタカーを借りたりバスに乗ったりするより楽で早い。竹富島でもコンドイビーチまでレンタサイクルであっという間です。ちなみに石垣市街にある「真栄里ビーチ」「南ぬ浜町ビーチ」は人工ビーチで、石垣島まで来て人工ビーチはちょっとねw

竹富島でコンドイビーチは人気も泳ぐのには適さない?

気軽に行ける竹富島のコンドイビーチですが、天然ビーチだけに砂浜も海もとっても綺麗。特に真っ白な砂浜は、石垣島を初めとする八重山列島の中でも唯一無二の美しさ。でも竹富島のコンドイビーチ、実は泳ぐには適していません。

その理由は「超遠浅」。干潮時はどこまで沖に行っても膝下の深さで、超広大な子供プールになってしまい、泳げるレベルではありません。満潮時こそ泳げる深さになるものの、その分濁り気味で海の中は真っ白。コンドイビーチでのシュノーケリングは干潮でも満潮でも絶望的ですw

竹富島コンドイビーチはのんびりするのがおすすめ

泳ぐのには適していない竹富島のコンドイビーチ。でも遠浅が故に常に波がなく静か。のんびりするには最高のビーチです。さらに砂浜も広いので、混雑時も少し移動すれば静かな場所も多いのも魅力。海は水遊び程度に考えておけば、何も持たずに行って楽しめるのも、竹富島のコンドイビーチの魅力です。

竹富島コンドイビーチのおすすめスタイルとは?

竹富島のコンドイビーチには、のんびりできる仕掛けがいっぱい。それらを上手く利用すれば、快適な時間をコンドイビーチで過ごせることでしょう。今回はコンドイビーチで泳ぎなしで過ごす「7つのスタイル」を、コツや注意点も含めてご紹介いたします。

@吾妻屋でのんびりする

竹富島のコンドイビーチで、のんびり過ごせる定番の場所は「吾妻屋」。日焼けを気にすることなく、ビーチをのんびり眺めることができます。ただし真夏は目の前に「移動販売車」が駐車し、吾妻屋から景色を望めなくなります。さらにお店を利用する人の往来が激しいので、夏場は落ち着けません。コンドイビーチの吾妻屋でのんびりするなら、夏以外の時期がおすすめです。

Aコンドイ園地のテーブル席でまったり

竹富島のコンドイビーチは、正式に「コンドイ園地」と呼ばれる場所。ビーチ以外に「緑地帯」もあり、そこには吾妻屋もあれば、トイレ・シャワー室もあり。さらにベンチやテーブルもあり、海を眺めながらのんびりできる場所です。席が空いていたら確保です。ただしすぐに使わないのに、物を置くだけでキープするのは絶対に止めましょう!

Bコンドイ園地の木陰でピクニック気分

とかく離島のビーチには日影が少ないものの、竹富島のコンドイビーチには木陰あり。木漏れ日も感じられるコンドイビーチの木陰はまさに快適な場所です。風通しもいいので、昼寝したら最高。ベンチ席は限られますが木陰はいっぱいあるので、竹富島のコンドイビーチではレジャーシート必須です。

Cコンドイビーチの丸太でのんびり

竹富島のコンドイビーチには、まさに「のんびりしてください」と言わんばかりの「丸太」が置かれています。しかも2ヶ所。1つはコンドイビーチの入口付近、もう1つは隣接するカイジ浜(星砂の浜)との接点の「コンドイ岬」周辺。コンドイビーチ入口のものは競争率が激しいものの、コンドイ岬先のものは穴場。ただしどちらも日影無しなので日焼けに要注意です。

D西桟橋まで散策

竹富島ではコンドイビーチに並ぶ人気観光スポット「西桟橋」。実はコンドイビーチから浜づたいで簡単に歩いて往来できます。混雑を気にすることなく、西桟橋まで往来できるのが最大のメ リット。さらに普段は望めないアングルで西桟橋を楽しめるのも魅力です。満潮時でも歩いて行けますが、干潮時なら海の中から西桟橋を見ることができます。

E星砂の浜まで散策

竹富島のコンドイビーチは、「星砂の浜」と称される「カイジ浜」と繋がっています。もちろん双方を歩いて散策可能。特にその2つの接点となる「コンドイ岬」は、滅多に人が来ないので超穴場。ベンチ代わりになる丸太もあり、さらに小さいながらも木陰もあります。竹富島のコンドイビーチの中でも「誰にも教えたくない秘密のスポット」

F幻の浜へチャレンジ

最後に紹介するのが、知る人ぞ知る竹富島の「ツアー無しで歩いて行ける幻の浜」。基本、コンドイビーチの沖に幻の浜が見えていれば渡れます。小さな浜の時でも腰上まで水に浸かる程度、広大な浜の時はくるぶしが水に浸かる程度で、幻の浜へ自由に渡れます。竹富島のコンドイビーチでは必須の幻の浜です。

気になる「コンドイリゾートホテル問題」どうなった?

竹富島で一騒動あった「コンドイリゾートホテル問題」。コンドイビーチとカイジ浜の間でリゾート計画があり、島を二分する問題となっています。特に「水」が問題で、大規模ホテルは島の給水事情を圧迫。さらに排水もコンドイビーチやカイジ浜に流される恐れも懸念。

竹富島のことは竹富島の人が決めるべきことなので、多くは言えませんが、全ての竹富島の人が納得する結果になってくれることを願うばかりです。星野リゾート「星のや竹富島」の時は、口八丁で星野リゾートは勝手ばかり。共存しているとは到底言えない状況ですので。。。

竹富島のコンドイビーチでおすすめの時期は?

竹富島のコンドイビーチは、竹富島としても人気があるのはもちろんのこと、石垣島からも簡単に行けるので常に混雑。竹富島のコンドイビーチでのんびりするなら何時がおすすめなんでしょうか?もちろん冬シーズンは空いていますが、冬の沖縄は「風が強い」ので、ビーチでのんびりするにはおすすめとは言えません。

竹富島のコンドイビーチでのんびり過ごすのに、リアルなおすすめ時期は2つ。1つ目はリアルな梅雨明け直後の「5月末〜6月中旬」(机上の梅雨明けは6月末)。2つ目は台風シーズンが終わる「10月末〜11月中旬」です。1つ目は夏至も近く真夏を楽しめ幻の浜も大きく出る時期。2つ目は夏シーズンも終わるも初夏の陽気を楽しめ、幻の浜は小さめも程よい時期です。

<まとめ>竹富島のコンドイビーチでは濡れてもいい普段着がおすすめ

竹富島のコンドイビーチは「泳ぐ」は捨てて「のんびり」に専念するのがおすすめです。そうすれば服装を気にすることなく、気軽に行くことができます。ただし幻の浜へ渡るなら、普段着も濡れてもいい装いがおすすめ。沖に砂浜が見えれば迷わずチャレンジです!

竹富島のコンドイビーチは、気軽に行っても様々な仕掛けがあるので、のんびりするには最適です。くれぐれも泳ぎ目的、特にシュノーケリング目的で竹富島のコンドイビーチへ行っちゃダメ ですよw


竹富島の地図

竹富島の観光情報/ホテル・民宿情報

地図をクリック/タップすると拡大マップが表示
さらにクリック/タップすると詳細情報ページが表示



旅行記/旅行ガイドの関連情報



<スポンサードリンク>


ページトップへ戻る